やどかり(寄居蟹)

演出:RADWIMPS 詞曲:野田洋次郎

オナラが恥ずかしくなったのはいつからだろう
涙隠すようになったのはいつからだろう
嘘をつけるようになったのはいつからだろう
裸が恥ずかしくなったのはいつからだろう

什麼時候開始覺得放屁很丟臉
什麼時候開始隱藏眼淚
什麼時候開始說謊
什麼時候開始覺得裸體很羞恥


そうやって守りぬいたこの僕も
結局最後は消えてしまうのに

這樣一路自我保護的我 
最後還是會消失


お金が欲しくなったのはいつからだろう
他人が羨ましくなったのはいつからだろう
誰かを嫌いになったのはいつからだろう
見えないものまで欲しくなったのはいつからだろう

什麼時候開始想要錢
什麼時候開始羨慕他人
什麼時候開始討厭別人
什麼時候開始連看不見的東西都想要


そうやって手に入れたものもすべて
結局もってなど逝けないのに

如此得到的一切
最後還不是帶不走


だから せめて今は持って行こう
両手にできるだけ持っておこう
その数がきっと 僕のこと
教えてくれる気がするから

所以至少此刻帶著走吧
帶著兩手能負荷的量一起走
因為總覺得帶走的數量
能告訴我一些關於我的事情


夜眠れなくなったのはいつからだろう
あの星の居場所を知ったのはいつだったろう
子供から大人になったのはいつなんだろう
いつか僕も消えると知ったのはいつだったろう

什麼時候開始晚上失眠
什麼時候知道了那顆星星的位置
什麼時候小孩變成了大人
什麼時候明白我也有一天會消失


語る想い出ができたのはいつからだろう
無くせないものができたのはいつからだろう
二度と「今」は来ないと知ったのはいつからだろう
知らないことがあると知ったのはいつだったろう

什麼時候開始有了能訴說的回憶
什麼時候開始有了不能失去的東西
什麼時候明白了「現在」不能重來
什麼時候知道了有自己不知道的事情


そうやって手に入れた いくつもの何かを
遺して僕は消えゆくけど

雖然我會留下得來的諸多事物而消失


だからせめて今は持って行こう
抱えきれないほど持っておこう
そのすべてが今のこの僕を
形作っているものだから

現在就帶著走吧
帶著溢出懷抱的事物一起走吧
因為這一切形塑了此時此刻的我


そのすべてが 今ここに僕が
存在したことの証だから

因為這一切是此時此刻我存在的證明


-------------------------------------------------------


其實第二首想翻的是「DADA」,不過一位朋友連到這首歌說他很喜歡,為了拉他下RAD坑就先翻了這首(笑)。

搖滾樂團法則之一:當一首歌曲調如此歡快,歌詞通常傷感。大家試著找手邊進行曲風格的樂團曲,應該會找到描述生命美好//醜惡的歌。RAD這首則把奇幻風格留給曲調,以歌詞傾全力書寫成長。雖然會痛,雖然必須捨棄一些東西,但還是要繼續向前走。寄居蟹帶著自己的一切移動,被留下的房子是成長的證明,被帶著走的是蛻變的自己。

想變成笑著面對成長的人,就像舞台上笑容燦爛的他們:)

雖然洋次郎的表情滿死魚的啦饒過他吧大概live太累了(ry


文章標籤
創作者介紹

泠泠夜歌

冬音 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()